抗生物質」カテゴリーアーカイブ

抗生物質:第三世代セフェム系の問題点

今市場に流通している抗生物質の中で最も新しいものが、第三世代セフェム系と言われるものです。新しい抗生物質というと、非常に効果が高そうなイメージがありますが、そうでもないところが、今医療界で問題となっているのです。

どんな薬にも病気に対して有効な成分が入っているわけですが、それが効果を発揮するには、有効成分が体の中にしっかりと吸収されないといけません。また、それを前提に1回の使用量が決まっています。

しかし、第三世代セフェム系の抗生物質は、総じて吸収率が低く、良くて15〜20%程度しかないと言われています。これは他の抗生物質に比べると、著しく低い値です。吸収されなかった成分はどこに行ってしまうかというと、そのまま排泄されてしまいます。それを揶揄して「DU処方」などという言葉もあるくらいです。DUとは「D:だいたいU:うんこになる」の略だそうです。実際のところ、これだけ吸収率が低いと、感染部に有効成分がしっかり届くとは考えにくいです。

このような問題があるので、第三世代セフェム系は、海外ではほとんど使われていません。ほとんどの薬が、日本でしか出回っていないのです。なぜ日本でこれだけ使われてしまっているのか非常に疑問なのですが、やたらめったら抗生物質を使いがちな抗生物質大国ということなのでしょう。

こういった現状を踏まえ、はらこどもクリニックでは、第三世代セフェム系の抗生物質は置いていません。

 

所沢市の小児科 はらこどもクリニック

〒359-1141 埼玉県所沢市小手指町2-1379
診療時間 午前 8:40〜12:00  午後 15:00〜18:00
受付時間 平日 8:30〜18:00  土曜日 8:30〜12:00
休診日 日曜日 祝日 (年末年始 お盆休みあり)

そもそも「抗生物質」ってなに?

1034396

1月から2月にかけて、抗生物質の乱用による様々な弊害をこのブログでお伝えしてきました。しかし、そもそも「抗生物質」とは何なのか?を書いていなかったので、今さらながら書いてみたいと思います。

抗生物質とは、簡潔に言うと「抗菌薬」です。つまり細菌による感染症に対して有効な薬のことを言います。逆に言えば、細菌以外の原因で引き起こされた病気には効果はありません。

分かりやすいところで言えば「風邪」です。風邪はそのほとんどが何らかのウイルスによって引き起こされます。ウイルスは細菌ではありません。したがって抗生物質が風邪に効くことはほぼ無いといって良いでしょう。

しかしこう書くと「風邪の時にも抗生物質処方されたけど?」と思われる方も多いと思います。それは全くその通りで、風邪の時に抗生物質を処方することは珍しいことではありませんでした。これには処方する医師側からすると「保険」的な意味合いが強いようです。

「万が一細菌性の風邪だったら…」、「万が一症状がひどくなって肺炎を引き起こしたら…」、「万が一風邪によって抵抗力が落ち、他の感染症を併発してしまったら…」などなど、この万が一が起こらないよう、もしくは万が一が起きたときに責められないよう抗生物質を処方してしまうのです。

これには患者さん側の意識も関係していて、「抗生物質を飲めば病気が早く治る」とか「抗生物質は万能薬で何にでも効く」といったイメージがあることも問題のひとつです。これは日本だけの問題ではなく、イギリスでも3割以上の人が、風邪に抗生物質が効くと思っているそうです。ちなみに抗生物質を処方しがちかどうかは、医師の教育環境(例えば出身大学、研修先の病院など)に関係なく、抗生物質を処方する医師は処方してしまうというデータが出ています。

もう一度言いますが、抗生物質の乱用には様々な弊害があります。抗生物質を飲んでも風邪が早く治るわけではありません。子供たちの将来のためにも、そのことを記憶に留めておいていただけると幸いです。

 

所沢市の小児科 はらこどもクリニック

〒359-1141 埼玉県所沢市小手指町2-1379
診療時間 午前 8:40〜12:00  午後 15:00〜18:00
受付時間 平日 8:30〜18:00  土曜日 8:30〜12:00
休診日 日曜日 祝日 (年末年始 お盆休みあり)

抗生物質の使いすぎはNG 耐性菌の実例

先日のブログで、日本は「抗生物質大国」だということを書きました。今回はその実例についていくつか書いてみたいと思います。

近年で大きな問題になったのが「マイコプラズマ肺炎」です。もともとマイコプラズマ肺炎に効く抗生物質は一部しかありません。マクロライド系、ニューキノロン系の抗生物質です。しかし、このうちマクロライド系への耐性菌が出てきてしまったことで、この肺炎の治療は非常に難しいものになってしまいました。このマクロライド耐性マイコプラズマの原因は日本の抗生物質の乱用であるということが、WHOで指摘されています。

また、度々入院患者の死亡事例が発生する院内感染の原因菌も、薬剤耐性菌であることが多いのです。院内感染の原因となるのは、ブドウ球菌や緑膿菌がありますが、このうち緑膿菌は、耐性菌になりやすく多剤性耐性菌になりやすいのです。そのため、重大な院内感染の原因菌になる頻度が高いのです。

抗生物質大国のひとつであるインドでは、どんな抗生物質も受け付けない「スーパー耐性菌」が発生し、その対処が問題になっています。今はインド国内に留まっていますが、これだけ世界中でモノやヒトの往来がある中では、いつ世界中に拡散するか分かりません。

日本では、ちょっとした風邪のような症状の時にも、抗生物質を出すようなケースがまだまだ多く見られます。抗生物質の乱用を減らすには、医師だけではなく、患者さんの意識や知識もとても大切になってきます。このブログを読むことで、少しでも抗生物質の問題に興味を持っていただければ幸いです。

 

所沢市の小児科 はらこどもクリニック

〒359-1141 埼玉県所沢市小手指町2-1379
診療時間 午前 8:40〜12:00  午後 15:00〜18:00
受付時間 平日 8:30〜18:00  土曜日 8:30〜12:00
休診日 日曜日 祝日 (年末年始 お盆休みあり)

抗生物質の使いすぎは、なぜいけないのか? その2

976751

前回に引き続き、抗生物質のお話です。

抗生物質の使いすぎは、耐性菌を生み出すと同時に、抗生物質が効きにくい体を作ってしまう場合があります。人間の体には常在菌と呼ばれるたくさんの菌が生きています。まず抗生物質を使うと、悪い細菌だけではなく、体に良い常在菌も殺してしまうことになります。それにより、体の調子を崩すこともあります。また、常在菌自体が抗生物質の耐性菌になってしまう場合もあります。これの怖いところは、常在菌がもつ薬剤耐性の遺伝子情報を他の菌に伝えることで、他の菌まで耐性菌に変化してしまうことです。もし、体の多くの常在菌が耐性菌になってしまえば、その人は抗生物質が効かない体になってしまう可能性もあるのです。

現在、前回のブログにあげた厚労省の動きなどから、大きな大学病院などでは、抗生物質は一医師の独断では勝手に使えないよう使用管理を行うところも出てきています。しかし、現実には、まだまだ抗生物質の使い過ぎは是正されているとは言えません。開業医の処方のチェックをする機関はありませんし、仮に開業医が抗生物質を処方しすぎたとしても、特に罰則などはないからです。

はらこどもクリニックでは、このような問題から、抗生物質を使わないでも治療が可能な場合には、なるべく抗生物質を使わないようにしてしています。また、もし抗生物質を使う場合でも、世代的に新しい抗生物質である万能的なセフェム系の薬は使わず、なるべく狭い範囲で菌を死滅できるような前世代の抗生物質を使うなどして、耐性菌の発生を防ぐようにしています。例えば、子供がよくかかる感染症に「溶連菌」がありますが、溶連菌はペニシリン感受性が高く良く効くので、ペニシリンを処方するなどしています。こうすればセフェム系への耐性が出来てしまうことはなく、安心だからです。

抗生物質は非常に効果の高い薬です。しかし、特に子供に対し使いすぎてしまうことは、子供たちの将来に大きな影を落としかねません。子供を育てている親御さん方にもそのことを十分に知っていただけたら幸いです。

所沢市の小児科 はらこどもクリニック

〒359-1141 埼玉県所沢市小手指町2-1379
診療時間 午前 8:40〜12:00  午後 15:00〜18:00
受付時間 平日 8:30〜18:00  土曜日 8:30〜12:00
休診日 日曜日 祝日 (年末年始 お盆休みあり)

抗生物質の使いすぎは、なぜいけないのか? その1

760527

小児科で処方する薬には様々なものがありますが、「抗生物質」もその一種です。抗生物質とは、様々な微生物がほかの微生物の増殖や機能を害するために出す物質のことで、それをベースに作り出された抗菌剤のことを言います。抗生物質の歴史はそれほど古くありません。1928年にアオカビから見つけられた「ペニシリン」が世界初の抗生物質とされています。(学校の授業で習ったり、人気ドラマの「JIN」で、主人公の医師が精製していたので、ご存知の方も多いかもしれません。)現在では、本当にたくさんの種類の抗生物質が医療の現場で使われています。

抗生物質は、感染症に対し非常に有効な薬です。しかし、同時に使い方を間違えると大変なことになる薬でもあります。それは抗生物質を使いすぎると、その薬に対する耐性菌を発生させてしまうからです。

薬剤耐性菌による感染症は、現代医療をもってしても治療が困難な病気です。現在医療が生み出した最大の発明とも言われる抗生物質を受け付けない感染症なのですから、それも当然の話です。まだある特定の抗生物質のみに耐性がある菌ならよいですが、複数の抗菌薬に耐性をもつ多剤耐性菌の場合は、治療は非常に困難を極めます普段抗生物質を使いすぎていると、いざ命にかかわるような感染症にかかった時、抗生物質が効かないという可能性が十分にありえるのです。

日本において薬剤耐性菌による感染症は、非常に身近にある問題です。誰しもが感染する可能性があると言えます。試しにインターネットで「耐性菌 感染 死亡」というキーワードで調べてみてください。ここ数年だけでも非常にたくさんのニュースが検索で出てくるはずです。

それもそのはず、実は日本は世界の中でも有数の「抗生物質乱用大国」なのです。世界の先進国で抗生物質使用のワースト3は、フランス、日本、中国で、この3カ国は世界でも大きく問題視されています。厚生労働省もこの現状を変えようと、医療現場における抗生物質の使い方を是正する対策を行っています。

長くなってしまったので、続きはまた後日。

このブログを読んで頂くことで、少しでも抗生物質の問題に興味を持っていただければ幸いです。

所沢市の小児科 はらこどもクリニック

〒359-1141 埼玉県所沢市小手指町2-1379
診療時間 午前 8:40〜12:00  午後 15:00〜18:00
受付時間 平日 8:30〜18:00  土曜日 8:30〜12:00
休診日 日曜日 祝日 (年末年始 お盆休みあり)