小児アレルギーのプライマリ・ケア医として、様々なアレルギー疾患の治療に力を注いでいます。

  • 小児一般診療
  • 予防接種
  • 乳幼児健診
  • 小児アレルギー
  • 家族診療

小児アレルギー

小児アレルギーのプライマリ・ケア

近年、個体因子の変化と環境因子の変化が相まって、アレルギー疾患を持つ子どもが増加しています。「はらこどもクリニック」では、「気管支喘息、花粉症、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などの診断と治療」に力を注いでおります。
アレルギー性疾患の医療の基本は、日本アレルギー学会、日本小児アレルギー学会、日本皮膚科学会などのガイドラインがありますが、それだけではなく、外国の医療情報も積極的に取り入れてより適切な診療の提供に努めておちます。

気管支喘息は発作を起こしているときだけが病気になっている訳ではありません。また、発作が無いことが治癒をしたこととは言えません。アレルギー性炎症があると、呼気の一酸化窒素(NO)の濃度が上昇します。その測定を早速導入して診療の質の向上につなげています。喘息も花粉症も発症を抑制する薬物療法だけではなく、積極的に「舌下免疫療法」を導入した治癒を目指しています。
食物アレルギーは、血液検査で何に対してアレルギーであるかどうかを検査しても診断としては不十分です。実際に経口摂取をして反応を見る検査が重要です。経口摂取の負荷試験も、原こどもクリニックでは行っています。

高度アレルギー、難治性が高いなどの患者さんについては、高度の専門性が高い医療機関・専門医へ紹介、または連携を図っています。先ず、アレルギー性疾患のプライマリ・ケアの場としてご利用ください。


実施しているアレルギー検査

血液検査 アレルギーの原因を調べます
呼気一酸化窒素(NO)測定 気管支喘息の気道炎症の評価します
アレルギー結膜炎迅速診断 涙液中のIgEを測定します
Prick to Prick test (要予約) フルーツなどに関して皮膚で検査します
経口食物負荷試験(要予約) 実際にどれぐらい食べられるかを確認します


アレルゲン免疫療法

舌下免疫療法(スギ・ダニ) 保険診療で12歳以上の方が対象となります
皮下免疫療法 12歳以下の患者さんを対象にしてます


担当医スケジュール

担当医
午前 はら院長
たくま副院長
はら院長
たくま副院長
たくま副院長
やな先生
はら院長
たくま副院長
はら院長
はやし先生
はら院長
たくま副院長
他支援医師
午後 はら院長
たくま副院長
はら院長
たくま副院長
たくま副院長
※1 はら院長
たくま副院長 はら院長
はやし先生

-

※1:第3水曜日「午後」のみ、はら院長が診察します。

アレルギーの原因

アレルギーは免疫反応の1つです。私たちの体には、外部から侵入してくる病原体に対して自然免疫と獲得免疫と呼ばれる二つの仕組みがあり、病原体を排除して自分を護ろうとしています。アレルギー反応も自分の体内で産生される異物や体外から入ってくる異物である「食べ物、室内塵、イエダニの死体や糞、花粉、微生物、薬物や化学物質など」多数のものに対して反応するのですが、その反応が結果として不利益な反応になっているのです。

アレルギー反応は一つの型ではなく5つの型に分類されています。どの型の反応が起こるかで、疾患の内容も異なってきます。

アレルギーの原因になる物質をアレルゲンと呼びますが、アレルゲンに対する抗体をレアゲンと呼んでいましたが、それが日本人の石坂公成先生により、IgEという抗体蛋白であることが証明されました。何に対するIgE抗体を持っているかを血液検査することをアレルゲン検査と言いますが、全てのアレルゲンが検査できるわけでもなく、測定法も多種多様です。血液検査の結果は非常に参考になることは事実ですが、その値が絶対的なものでもありません。どのような型のアレルギー反応が起こっているのか、推定される原因は何か、それをどのような方法で究めていくかはそう簡単ではなく、かなりの知識が必要なのです。

よく、血液検査だけで、それが疾病の原因であるかのように考えられる方が医師の中にもおられますが、それは短絡的な考え方で間違っています。複雑なアレルギー反応やアレルギー性疾患の考え方を理解して頂きながら協力して原因を究めて、治療や予防に活かしてゆきたいと考えています。

アレルギーマーチとは

マーチって「行進」って意味ですよね。アレルギーの行進?そうですね、アレルギー性疾患と言われる状態が一人のお子様に長じるにしたがって次々と変わりながら発病していくことを指します。

幼い時にアトピー性皮膚炎があり、学童期になり気管支ぜんそくが現れて、やがてスギ花粉症に悩まされるというような場合です。
年齢によってアレルゲンも変わっているのです。体質だから仕方がないと思われるかもしれませんが、皮膚に炎症があると接触した物質に対してアレルギーの抗体を作りやすくなり、アレルギー性疾患として発病をする、予測して対応することで発病阻止、軽症化できるかもしれません。

アレルギー性疾患には継続した関わりが必要であることを示していると考えています。

適切な治療とは?

気管支喘息の適正な治療ってどのような治療でしょうか? わたくし共は次のように考えています。

①発作が起こっていたら先ず発作を止める
②一つの薬剤では十分ではないので、多種類の薬を使いますが「副作用のないよう」に使います
③発作が止まったら、発作が無い状態を維持します。
④可及的に生活上の寄生を不要な様にします。
⑤喘息は死亡に至ることがありますので、喘息では死なせないようにします
⑥慢性のアレルギー性気管支炎が続いていると気管支に「元に戻らない組織の変化」が起こり、肺機能が低下しますので、それを阻止する。
⑦できるだけお金がかからないようにする。
⑧なるべく受診回数を減らす。

これが全部できれば適切な治療だと考えます。
それには、本人、ご家族と私どもの連携と協力が必要です。

アトピー性皮膚炎はアレルギー反応が基盤になっていても、皮膚の「バリヤーとしての機能が低下」しているので、炎症を軽減すると二次的なアレルギーを阻止に有効になる、感染が加わると増悪する、漫然と副腎皮質ホルモン軟膏を使用すると皮膚の萎縮などの変化が起こるので、その要因の排除が適切な治療になります。

花粉症で、抗ヒスタミン薬が用いられますが、第一世代の抗ヒスタミン薬や第二世代の抗ヒスタミン薬の一部には脳への影響が大きく、脳内のヒスタミンをブロックしてしまい、「けいれんを誘発しやすい、学習効果を落とす、認知の発達を阻害する」などの有害作用があります。

薬物として何を選ぶのかも大きいのです。治療が適切であるかどうかは、一見差が無いように見えて差は大きいと考えています。

お聞きしたいこと

「病歴」を丁寧に伺うことが病気の全貌を明らかにしてくれます。「どのような症状が何時から現れて、どのようなときによくなったか、また逆に悪くなったか」、「どのような検査をして、どのような結果であったのか」、他には「家族歴、生活習慣の内容」なども重要です。予め先に書いたことを「メモ」をしてきてくださる、検査伝票のコピー、お薬ノートなどをお持ちくださると幸いです。是非ご協力ください。

診療日カレンダー診療科スクジュール
持ち物チェック! 流行している病気

診察券(2回目以降)

保険証

各種医療証

紹介状(お持ちの場合)

お薬手帳(お持ちの場合)

小児科トピックスへ
はらこどもクリニック インフォメーション
はらこどもクリニック電話問い合わせ
はらこどもクリニック 診療時間
はらこどもクリニック 住所
はらこどもクリニック診療スケジュール
所沢近郊 流行している病気
小児科トピックスへ 症状と小児疾患 66